日中で4,000社超の導入実績! ECデータ分析ツールを展開するNintが「データを武器に活躍できる人材」を募集

日中で4,000社超の導入実績! ECデータ分析ツールを展開するNintが「データを武器に活躍できる人材」を募集


■株式会社Nint

Nintは「データの価値、人の可能性が輝く世界」をビジョンにECデータ分析サービスの提供、およびサポートを行う。Nintは中国では2009年より、日本では2014年よりサービスを開始し、EC事業者のDX化を支援するECデータ分析ツールとしてはNo.1のサービスとして、EC事業者やグローバルメーカーなどに活用されている。データドリブンな意思決定や課題解決を通じ、EC事業者のDX化を支援するツールとして、競合のいない独自のポジションを築いている。

唐澤一紀氏(人事担当執行役員 CHRO・写真中央左)
今田雅也氏(日本事業担当執行役員・写真中央右)

マーキャリから見たNintの魅力

Point(1)独自データが強みのプロダクト「ECリサーチツール」
Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングを横断できる独自データが強みの「ECリサーチツール」。導入実績を着実に増やし成長を続けています。

Point(2)営業×データで市場価値の高い営業職にキャリアアップ
お客様へデータを用いた提案や支援を行うことで、データを日常のツールとして使いこなせるようになり、営業キャリアにデータという武器が加わることでしょう。

Point(3)中国とリレーションを持つNintは圧倒的な成長ができる環境
変化の激しい業界のため求められるレベルも高い一方、成長スピードも早いと言えます。また中国EC市場でもサービスを展開しており、希少なクロスボーダーECの経験も積むことができます。

<WORK STYLE POINT>
ハイブリッド型の勤務体制(出社と在宅)、フレックス制度、服装自由

今回、データ分析の独自性や同社が大事にしているミッション、ビジョン、バリュー、求める人材について、マーキャリNEXT CAREERキャリアアドバイザーの河村と正守が唐澤氏、今田氏にお話を伺いました。

縦横無尽に見られるNint独自のデータ

マーキャリ:今田さんはAmazonでもデータドリブンを推進されていましたが、Nintで扱うデータの独自性をどのように感じていますか?

今田:Amazonは大企業ですので多くのデータを持っていますが、一方で、セキュリティ上、全てのデータが見られるわけではなく、管理されているがゆえの不自由さもあります。しかし、Nintには、そういった制限がありません。我々自身が生成しているデータとして、楽天もYahoo!もAmazonも縦横無尽に見ることができます。

加えて、Nintのデータには商品SKU単位があり、商品一つひとつのデータを調べることができます。これを「行動に移せるデータ」と我々は呼んでいます。

具体的に何ができるかと言うと、最終的にECの担当者様ができることは、商品SKU単位で、「売れている商品は何で、どのような特徴を持っているか」をタイムリーに分析して仕入をしたり、トレンドを踏まえた商品開発に活かしたりすることが可能となります。また、メーカー様からはわかりづらい、店舗での商品購入分析にも使えますし、責任者及び戦略策定される担当者様からすれば、そもそもどの市場に参入できるのか、をメーカーシェアから判断するなど、大局も見ることもできます。

マーキャリ:御社のツールを導入する前まで、経験や勘で仕入れや商品企画を行っていたケースもあると思いますが、そういった企業へのサポートも行っているのでしょうか?

今田:もちろん、定量的なデータを活用した経験のない企業様もいらっしゃいますので、商品企画や仕入、流通戦略まで広範囲に使えるデータを企業様にご提供するとともに、データ活用ができるように、弊社のカスタマーサクセスチームが伴走支援を行っています。その結果、売上向上に寄与できると信じております。



マーキャリ:お二人とも大手企業での就業も経験されていますが、Nintのどのような点に魅力を感じたのでしょうか。

唐澤:私は技術力を武器としているようなテック企業でのキャリアが多かったのですが、Nintのデータの独自性に一番惹かれましたね。特にこれまでクローリングで集めてきているデータが膨大で、今から競合が現れて収集しようと思っても過去のデータを集められない点に非常に独自性を感じています。だからこそ、他社にはない勝ち方ができるのだと思っています。

今田:私は独自性のあるデータも当然魅力的ですが、その中で、Nintのミッションである「データで世界を自由にする」に納得感がありました。

私自身、もともとネットワークエンジニアからキャリアをスタートしましたが、AmazonのKindleローンチ時には、営業として出版社との契約交渉も行いました。その際、独自の商習慣がある業界にもかかわらず契約を進められたのは、データをもとに提案ができたという部分も大きかったと考えています。データを持って分析・提案できれば、年齢や役職に関係なく、意思決定や行動に影響力を持つことができることを経験しました。データの前では皆が平等ということで、勝手に個人的にデータ民主主義と呼んでいます。その実体験とNintのミッションが重なったのです。

Nintのミッションを実現しようとすれば、
自ずとデータを武器にしたキャリアが築ける

マーキャリ:御社ではどのような人材の採用が多いのですか。

唐澤:これまではIT業界のセールス経験者の方が多かったです。特に無形商材や、提案営業タイプの方です。最近では、採用の方向性を変えて小売や流通の領域を経験している方の採用が増えてきていますね。

今田:小売業界の経験者がSaaS/IT業界に転職となると、せっかくの経験や実績、人脈が活かせなくなくなってしまうと思われる方も多いと思います。場合によっては第二新卒やポテンシャル採用扱いになってしまうのではないかと。

ですが、Nintではその経験が活かせると思います。今までのキャリアを活かしながらデータという武器を経験やスキルとして持つことできます。「SaaSやIT業界って難しそう」と尻込みする必要はありません。データを小売の視点で見れば良いのです。今後もデータの重要性が高まりますので、拡大していく市場です。結果的に有意義なキャリアを作れると思います。


マーキャリ:御社の社風や今後の取り組みについて教えてください。

唐澤:Nintのコア層は平均年齢30代半ばなので、”オトナベンチャー”な社風だと言えます。それが社内にいるメンバーにとって居心地が良いところだと思います。

会社として人事総務の役割を持つ部門に「MVV推進」と名付けるぐらいミッションビジョンバリューの浸透に力を入れています。最近ではMVV推進の一環として新卒採用もスタートしました。

新卒が入社してくれることで、社内のカルチャー形成はより強くなると思っているので、企業のカルチャー作りにとってすごく大事な取り組みだと思っています。

今田:弊社は「データで世界を自由にする」というミッションを大事にしています。ミッションには、さらに「データの自由」「人の自由」「世界の自由」の3つの自由の実現が含まれています。先述のとおり、データ民主主義という考えが私個人にもありますので、データの活用で困難な課題を乗り越えてこれると信じていますし、データの価値が人の可能性を開発すると思っています。その実現をNintで目指しています。



マーキャリ:先ほどの「行動に移せるデータ」のお話からはSMB向けのユーザーも多いと感じました。今後のターゲティングや戦略についてお聞かせください。

今田:そうですね。エンタープライズのシェアを伸ばしつつも、より使い勝手の良いプロダクトを目指しています。お申し込からご利用いただくまでの一連の流れをスムーズにしたり、新しい機能ができた際にも、ユーザー自身で気づきを得られて、すぐ使えるものを考えていますね。また、中国向けの事業も当然スケールさせたいので、一緒に盛り上げてくれる方にも参加して欲しいです。

唐澤:先ほど、今田が言っていたデータが武器になるというのと同じで、中国マーケットでの経験値は求職者の方にとっても大きな魅力になると思います。

Nintは海外とのリレーションを持っていて中国でもマーケットを抑えています。今後もより一層グローバルになっていくビジネスの世界において、中国の商習慣を理解する人材が活躍する機会は増えますよね。そういった知見を得られるのはキャリア的にも大きなメリットになると思います。

既に、我々自身が中国のマーケットをわかっている人材に来てほしいと思っても、中々採用できていない現実が物語っています。


マーキャリ:最後にメッセージをお願いします。

唐澤:まだまだスタートアップですので、セールスやカスタマーサクセスなどのリーダー候補や、新規事業の立ち上げに関わっていくチャンスもあるので、新しいチャレンジができる環境があります。、それらを楽しめる人に、ぜひ面談などでお会いしたいです。

今田:ECに携わっていた方やコンサルティングの経験がある方は、データがあれば鬼に金棒だと思います。他にもEC業界で旗振り役をしたいとか、役に立ちたいと思ってくださる方にぜひNintに来ていただきたいと思っております。


株式会社Nintの企業基本情報

所在地 東京都新宿区西新宿 八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー34階
URL https//corp.nint.jp/
設立年月 2018年4月
資本金 10,000,000 円
代表者 代表取締役 吉野(細川)順子
従業員数 40名 (グループ396名(うち、HD含む日本60名)※2021年9月末時点)
売上高 非公開
事業内容 ECデータ分析サービスの提供




【取材後記】マーキャリ・キャリアアドバイザーから見たNint


河村 芳行
マーキャリNEXT CAREERキャリアアドバイザー
株式会社エムエム総研:取締役

■Profile
2008年に法人マーケティングのパイオニア企業である株式会社エムエム総研に入社。インサイドセールスからデジタル領域まで多岐にわたり、マーケティング活動全般のプランニングを担当。外資系、国内大手IT企業に対して多くのプランニング実績を積む一方、ITproマーケティングなどセミナーにて登壇者としても講演。さらに2017年にはビジネス書籍『少人数チームからはじめる失敗しないBtoBマーケティングの組織としくみ』を同社経営陣と共に出版。BtoBの組織作りと仕組みを解説した同書は多くのマーケターに支持されている。

次代を切り拓くデータの波に乗り
営業キャリアのさらなる可能性を感じさせる

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングを横断できる独自データが強みのNint。無形商材の営業職が求められるSaaS/IT業界への転職において、小売の営業経験を活かしデジタルセールスへとキャリアアップできるのは同社だからこそ。

皆さんも既にご存じの通りEC市場はコロナ禍も相まって急速な拡大を遂げている中で、競争も激化しています。直感や経験則の意思決定だけではなかなか成果を出すことができない時代。だからこそNintはECビジネスで成長を続けていくために今後必携のプロダクトとなっていくことでしょう。

営業職のキャリアとして、無形商材を提供してきたものの「アイディアドリブンで提案やサービス提供時にデータや数値に基づいた活動ができていない」といった課題をよくお聞きします。Nintであれば、データをもとにした議論や提案が日常的に行われていることから、データ分析の力や、データを駆使した提案などのスキルが身につくでしょう。

独自データや中国市場への展開が魅力的な一方で採用要件は非常に明確になっており、MVVに共感できる人材でないと、フィットは難しいです。また、スタートアップであるため、成長意欲があり、課題発見と解決ができる人材が求められています。チャレンジした分、大きく返ってくる環境だと言えます。ぜひ、ご応募をお待ちしております。




マーキャリ 編集部

執筆者

マーキャリ 編集部

Other Category

その他のカテゴリー

  • Skill
  • Interview
  • Career
  • Template
  • Knowledge
  • Others