• 2021/02/03
  • 情報
  • キャリア

スキルを活かす業務特集【マーキャリNEXT CAREER連動記事】

  • マーキャリ 編集部
article-image

転職を考えている人の多くは自分が現在持っている経験やスキルを活かせる職種、つまり経験者募集求人から転職先を探します。それは今までやってきことを無駄にしたくないという考えの元当然と言えるでしょう。企業にとっても転職採用であればその領域のスペシャリストを取った方が即戦力になります。

しかし、必ずしも同職種経験者だけを採用することが良いかというとそうでもありません。未経験者の中には様々なキャリアを持った人がいます。前職の経験が別の職種の業務に活かせる場合も多く、また同業者経験がないからこそ、企業文化を一から教育しやすいメリットもあります。

経験がないからこそ、別視点で業務を捉え、斬新なアイディアを組織にもたらす可能性も十分にあり得ることから、今企業は未経験者の採用にも力を入れつつあります。少子高齢化が進む中で、限りのある経験者のみを募集し続けるのは得策といえません。今後、益々未経験者を受け入れる企業が増える可能性は高いと言えます。


企業は専門職化されたポジションに対する的確な人材を求めている

セールス・マーケ市場は今スキルや経験が多様化しており、かつて1つだった職種から枝分かれし専門職化しています。例えば営業と一口に言ってもマーケ・インサイドセールス・フィールドセールス・オンラインセールス・カスタマーサクセスといった分業体制を取り入れ、各プロセスごとにメンバーを配置して業務の効率化を図り、生産性の最大化を目指す企業が増えてきているのが代表的です。

こうした分業化を行う過程で多くの企業が直面している課題として、専門職化されたポジションに適したスキルを持った人材が足りていないというのがあります。その理由の一つに、スキルや経験を細分化せず単純に大分類された同職種経験者を募集し採用していることが挙げられます。セールス職経験1つとっても、企画書作成、プレゼンテーション、業績管理などやってきた経験は人それぞれです。

特に色々な業務の中で専門的に担当していたことや、得意とする分野も各々で違います。だから一概にセールス職経験があるからといって採用して、いざ期待していたポジションに配置しても、全くそこが機能しないなんてことがよくあります。企業にとって重要なのは経験やスキルが今求めているポジションにフィットするかなのです。


転職先探しは職種ではなく業務で

前述で紹介した企業課題は新たなキャリアにチャレンジしようとしている求職者にとってチャンスでもあります。セールス分業化組織での業務経験がある人であれば、スキルや経験をそのまま別会社の同じ業務へ活かすこともでき、また応用・転用して別のフィールドで新たなキャリアを築くこともできます。

例え、全くの未経験職種であっても、これまでのスキルを活かし直ぐに即戦力になれる可能性も十分にあります。それは細分化されたセールス・マーケ市場だからこそ可能なのです。

これまで経験した職種でキャリアアップを図るのも勿論良いことですが、1つより多くの経験とスキルを持っていた方が当然市場価値は高まるでしょう。次のキャリアを業務で探すことで自身の新たな可能性に気付けるかもしれません。


セールス関連職で培ったスキルが活かせる業務求人特集

■株式会社Nint

【CS立ち上げ】CS経験者が活躍できるフィールドがそこにある。カスタマーサクセス立ち上げ伴い、営業、カスタマーサクセスの経験のある人を緊急募集。

■ポーターズ株式会社

【第二新卒もOK!】営業からコンサルティング営業にキャリアアップ。約10,000ユーザーにご利用を頂いている自社サービスの更なるユーザー拡大を目的として募集中!

■SATORI株式会社

【営業経験を活かせる】新規法人営業経験者を募集中!自社MAツールのインサイドセールスに携わり「マーケティング重視」のセールススキルを身に付けられる。

「マーキャリNEXT CAREER」次世代マーケティング・セールス関連職を募集中!

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ