• 2021/02/03
  • 情報
  • キャリア

セールス組織の分業体制特集【マーキャリNEXT CAREER連動記事】

  • マーキャリ 編集部
article-image

成果の最大化を目指し営業活動を効率的に行いたい、そういった観点から営業組織の分業化に取り組む企業が増えてきています。代表的な例でいうと、

•マーケティング(顧客情報の獲得、ネット集客、メール配信、顧客育成)
•インサイドセールス(顧客リストへの架電、商談機会の創出)
•フィールドセールス(提案・受注・案件管理)
•カスタマーサクセス(契約後の納品・導入支援・契約継続やアップセル)

といった具合に、各フェーズ毎にそれぞれの担当が自身の役割に集中できる体制を設けることで、専門性が高まり、より効率的に成果を上げられるという狙いがあります。これまで営業職といえば皆が均質な仕事を分担して行うことで成り立っていた側面があるため、働き方の違いといえば企業自体の規模によるものが大きかったと言えます。

しかし近年前述のとおり分業化に伴う専門職化によってチーム人数でも働き方に大きな違いがでてきています。企業によって各専門チームの人数も様々で、業務の進め方や、育成環境、評価制度、さらには取り入れているITツールなどもそれぞれ異なります。

極端に言えば3人のチームであればお互い今何をやっているのか把握しやすいため、業務管理も簡易的なもので成り立ちますが、30人ともなればツールを用いて細かく管理する必要が出てきます。どちらが今の自分に合っているかはこれまでの経験やスキルにも関連します。

1日の大半を仕事に充てるのであれば、当然生き生きと業務に取り組みたいと誰もが思うことです。次のキャリアをチーム人数とその働き方を見ながら模索するのも一つの手と言えるでしょう。

最新の営業分業組織チーム別、働き方特集

■株式会社KIYONO

【少数精鋭チーム】デジタルマーケティング業界のエースが集まり起業した設立3年目の急成長のスタートアップ企業がコンサルを募集中。

■サイオステクノロジー株式会社

【チーム立ち上げに携われる!】医療業界向けの新規自社サービスのビジネス開発を行えるセールス人材募集!

■SATORI株式会社

【分業化された営業組織】インサイドセールスよりエスカレーションされるリードに対する商談~受注に向けた活動を行うフィールドセールスを募集中!

「マーキャリNEXT CAREER」次世代マーケティング・セールス関連職を募集中!

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ