• 2020/03/27
  • 情報
  • キャリア×マーケ

スペシャリストとゼネラリストはどう違う?2つの職種の働き方や役割を比較【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

特定の職種のスキルを高めて専門的な働きをするスペシャリストと、全体を管理する役割のゼネラリスト。自身のキャリアを考えた際に、どちらを目指すべきかと考えたことはないでしょうか。この記事ではスペシャリストとゼネラリストがどのように働いているのかをテーマに、2つの職種の違いについても紹介しています。スペシャリストと混同しやすいプロフェッショナルやエキスパートについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

スペシャリストとは?



スペシャリストとは、ある特定の分野において他の人が容易に真似できない知識や技術、経験を持つ人のことです。たとえば一般的な職種でいえば医師や料理人などもスペシャリストと言えるでしょう。会社のなかであればエンジニアや営業、デザイナーといった職種がスペシャリストがいる仕事の分野となります。

ゼネラリストとは?

広い範囲の知識が必要となるという意味では、仕事における監督のポジションと言えるでしょう。映画監督ならカメラや映像のことだけでなく、演出や照明などについても知っておく必要がありますし、建設の現場監督なら施工だけでなく塗装や、電気の配線などの知識も必要になるはずです。


会社の中での職種でいえば、プロデューサーやマネージャー、総務などもゼネラリストと言えます。それぞれの部署や全体を管理する役割の仕事が該当します。もちろん経営陣などもゼネラリストに含まれます。

スペシャリストとプロフェッショナル・エキスパートとの違い

スペシャリストとよく似た意味でつかわれることの多い言葉に、プロフェッショナルとエキスパートがあります。混同しやすいこれらの言葉ですが、実は明確な違いがありますので、確認しておきましょう。 それぞれの違いは、逆の意味を持つ言葉、対義語を考えることが違いを知るヒントとなります。 

プロフェッショナルの対義語はアマチュア

プロに期待されることはアマチュアとは大きく異なりますよね。プロにはクオリティの高い仕事と期待以上の仕事をすることが求められます。よく「その仕事で生計を立てている人がプロ」という言い方をするのにもつながりますね。プロフェッショナルに求められているのは「成果」です。過程や努力ではなく、いかに成果を上げるかが重要となります。


スペシャリストは、仕事に対する「専門性」を示す言葉であるのに対し、プロフェッショナルは「成果」に基づいた呼び方であるので、同軸で語れるものではありません。  

エキスパートの対義語はビギナー

ビギナーは初心者という意味で使われます。対義語であるエキスパートは熟練者を指します。特定の分野の専門家がエキスパートです。熟練度を表す呼び方ですので、これもスペシャリストとは異なるものになります。補足ですが、「ベテラン」は経験してきた期間の長さについて言うことが多く、熟練度は考慮しないことが多いです。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ