• 2018/09/03
  • 情報
  • キャリア×マーケ

マーケティング転職における「企業選び」のコツ

  • デ・スーザ リッキー
article-image
マーケターの仕事というのは、最終的には「定められたプロダクト(商品)」に対して、訴求すべき軸を持ち、その軸を持って顧客になりうる『ターゲット』に対してアプローチを行う事」です。

これはある種不変的で、どの企業においても「何もないものを訴求する」と言う事はありえなく、基本的には「何らかの商材(またはサービス)」がそこに存在していて、それに対して「プロモーション」や「WEB広告」などのプローチをかけていく事がマーケティング業務の本質となります。

では、そういった業務に従事するとして、あなた(マーケター)にとってその段階において最も重要なのは何でしょう?

実は、それは「高度なスキル」でも「商品に対する圧倒的な知識量」でもありません。
それは、シンプルに「企業内でその商品に対して、誰よりも愛情を持つことです。これに尽きます。そして、できれば、それがターゲットとなりえる「ユーザーの目線」になっていることが理想的です。

要するに「興味のない商材」をいくら訴求しようとしても限界があるんですね。

また、「商品に詳しいこと」というのも実は少し違います。マーケターは主に「それを知らないユーザー」に対して「魅力」を伝えて、購買に繋げることが仕事ですから、その商品に対する高度な専門知識を押し付ける必要はないんですね。あくまでも必要なのは「この商品はこんなに素晴らしいんだ!」という自信ともとれる「愛情」が先に来るんです。もしかしたら「詳しくない」くらいのほうが売れる可能性すらあるんですね。
*事例で置き換えてみると理解しやすい、その「理由」
これは「食べ物」とかに例えるとわかりやすいのですが、自分の好きな料理があったとして、それを他人に「オススメする」というお題があったとして、それってそんなに難しいことじゃないでしょう。なにせ自分が好きだから、その料理の良さとか、ツウならではの楽しみ方とか「好きだからこそ」の広げ方というのを持っていると思うからです。

では、今度は逆にイメージしてほしいのですが「自分が嫌いな食べ物を他人に勧めてください」と、これはできるでしょうか?容易に想像がつくかと思いますが「自分の嫌いなもの」を他人に推奨するというのは困難を極めることでしょう。なぜなら、あなたは、その食品のことをよくわかってもいないし、そもそも嫌いなので「興味がないから」です。

この状況をプロモーションに戻して考えてみましょう。仮にそういう人が宣伝を受け持ってくれたとして、あなたがプロモーションを依頼した料理の専門店の人だったとして、果たして、そんな心意気の人に料理を宣伝してもらいたい、と思うでしょうか? 答えは言わずもがな「NO」ですよね。

なので、マーケターにとって最も重要なことは職務の内容でも責務の大きさでもなく「取り扱う商材と自分の親和性」に尽きます。新しい視点を持って売るために「新しい視点が欲しい」と言われたとしても愛情が無ければプロモーションは始まりません。自信をもって、「間違いがいないです」と「その商品の持つ本当の良さを、世に知らしめようとする」ということがマーケティング活動の本質だからです。

企業選びの「大前提」として、「商品への理解」と「愛せるか?」という側面を必ず持つようにして企業を選ぶことが、成功への近道かもしれません。ちょっと注意してみると良いでしょう。

関連リンク「突撃!となりのマーケター」

総勢20名以上の「マーケターインタビュー」も掲載してます!是非ご覧ください!

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ