• 2020/03/25
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

グロースハックってどんなもの?最近話題のグロースハックについて基礎から解説します!【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

インターネットサービスの分野で近年特に話題となる「グロースハック」。言葉は聞いたことがあっても、実際にどういったものなのか詳しくは分かっていない方が多いのではないでしょうか。 この記事では、「グロースハックとは何か」について基礎的なところから丁寧に解説しています。従来のマーケティング手法との違いや、グロースハックを生み出すためのツールについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

グロースハックとは?



グロースハックとは、開発の面で工夫をして、商品・サービスの改善をモニタリングしながらその商品・サービスを成長させることを言います。サービス自体に成長・拡散のための仕組みが組み込まれています。たとえば、ネット上で買い物をするECサイトの画面の構成やレイアウトやデザインが頻繁に変わっていることがあります。これも企業がユーザー目線で、改善を行うグロースハックの例と言えます。

グロースハックの特徴

グロースハックは会社の商品を売ることだけでなく、製品やサービスの開発にも目が向けられています。商品を売るためのPR手法として広告がありますが、広告は完成された商品をいかに顧客に響かせるかが重視されます。しかしグロースハックでは商品を完成されたものと捉えず、必要に応じて商品やサービス自体を変更・改善し、利用者や消費者によりフィットさせていくことも視野に入れて考えます。


さらには、「グロース」という言葉からも分かるように、グロースハックは商品や製品を作ること・売ることではなく「成長させること」が目的となっていることも特徴の1つです。

従来のマーケティングとの違い

商品を売る仕組み作りという点では、グロースハックはマーケティングとの共通点もあります。しかし、マーケティングとグロースハックは分けて考えられるのが一般的。その理由は視点の違いにあります。グロースハックでは、商品やサービスをより良いものへと成長させていくことが期待されます。つまりグロースハックは、マーケティングのようにどのようにして売上を上げるかではなく、商品やサービス自体に目が向けられているという違いがあります。



(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ