• 2020/02/18
  • 情報
  • キャリア×マーケ

ミドルマネジメントに求められる組織上の役割とは?求められる能力についても解説します【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

組織の中間管理職を指す「ミドルマネジメント」。組織が大きくなればなるほど企業を運営する上でミドルマネジメントが果たすべき役割は重要性を増していきます。この記事では、成果を上げるためにミドルマネジメントに求められる役割とはなにか、について詳しく解説しています。ミドルマネジメントという言葉自体の解説もしていますので、ミドルマネジメントについてこれから学んでいきたい方にも参考になるはずです。ぜひ最後までご覧ください。

ミドルマネジメント(中間管理職)ってどんな人?



ミドルマネジメント・中間管理職といっても、社内でどのポジションの人が該当するのかはっきりとは分からない方も多いのではないでしょうか。ミドルマネジメントとは、一般的には部長や課長、マネージャーが該当します。ミドルマネジメントは、上司がいれば部下もいるといったまさに中間の存在。両サイドそれぞれから求められる役割があります。

ミドルマネジメントの役割

ミドルマネジメントは会社のトップである経営陣と現場で働くメンバーの橋渡し役となります。主な役割ごとに分けて解説していきます。 

トップマネジメントの補佐

ミドルマネジメントに対して、経営層のことをトップマネジメントと言います。ミドルマネジメントの主な役割の1つに、トップマネジメントの意志や戦略を現場に落とし込むことが挙げられます。単純な伝言役ではなく、トップに比べて現場に近い存在だからこその表現が求められるでしょう。トップマネジメントの意志をしっかりと理解するためには、経営者目線が必要です。企業理念や経営ビジョンについての深い理解も求められます。 

ロワーマネジメントへの指示、部下の育成

ロワーマネジメントとは、役職に就かない現場の人間をまとめる存在。チームのリーダーや主任といったポジションが該当します。実際に現場のプレイヤーをまとめるのはロワーマネジメントですが、現場における最高責任者はミドルマネジメントが担っています。ミドルマネジメントのロワーマネジメントに対する役割としては、トップマネジメントの設定した経営方針や中長期目標に基づいて立案した実施計画が、ロワーマネジメント層において正しく実施されているかチェックし、必要に応じて軌道修正の指揮をとることが挙げられます。その為経営者側の意見と現場の意見で板挟みになることの多いです。


また、ミドルマネジメントは積極的に現場に関わることによって現場の士気の上昇につなげるといった役割もありますが、現場の人間すべてに細かな指示ができるわけではありません。そのため、チームを任せることができるリーダーを育成できるかが、大きなカギとなります。部下のスキルアップのために経験を積ませるといったことの他に、ときには現場レベルで部下の見本となるような行動をすることが必要となります。


人の成長には時間がかかります。短期的な視点ではなく長期的な育成計画を立て、実行していくことが重要です。



(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ