• 2020/02/03
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

ファン作りに欠かせないコンテンツマーケティング! SEOのちがいを解説【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

企業の販売戦略に大きく関わるマーケティング。インターネットが発達した現代では自社が運営する公式サイトやオウンドメディアでどのような発信をしていくかがますます重要になってきています。そのためには無限のWebサイトの中で自社のサイトの存在に気づいてもらう必要があります。


この記事では、Webサイトへの流入を図るために欠かせないSEOと、ファン作りに重要となるコンテンツマーケティングのそれぞれの特徴を、ちがいを踏まえて解説しています。 マーケティング職についているが、Web関連の知識は自信がないという方や、逆にマーケティングの知識には不安があるという方に特に参考になるはずです。ぜひ、最後までご覧ください。

コンテンツマーケティングとは?



コンテンツという言葉がつくからには、コンテンツマーケティングとは何かの中身の話だということはイメージできるかと思います。一言でいえば「自社のWebサイトの中身」なわけですが、詳しく紹介する前に、まずは「マーケティングとは何か?」について確認しておきましょう。マーケティング職でない方なら、ふんわりとしたイメージはあるけれど、どんな仕事をしているのか詳しくは分からないという方が多いのではないでしょうか。


マーケティングとは、企業が売る製品やサービスを購入につなげるための行動全般を指します。実は非常に言葉の指し示す範囲が広いものになります。購入してもらうためには、情報を知ってもらうことや宣伝が必要です。広報や、広告宣伝はマーケティング職の1つと言えます。何かを作って売るとした場合には、どこから何をどれくらい仕入れるか、どこの店舗においてもらうかといったことも考える必要があります。


これらもマーケティング活動の一環となります。 それではコンテンツマーケティングとは、どういったものでしょうか。コンテンツとは、自社が運営するWebサイトの中身のことだと述べました。コンテンツマーケティングとは、サイトに訪れた人に価値のある情報の制作や発信を継続して行うことで、見込み客のニーズを強めて商品を購入してもらい、最終的にはファン化させユーザーとして定着させるための施策です。


初めてサイトを訪れたときに、「思ったのと違った」と感じたらすぐ別のサイトに移動した経験が誰にでもあると思います。逆に欲しい情報が手に入れたり、役に立つサイトだと感じられたりした際にはお気に入りに登録しますよね。 コンテンツマーケティングにおいては、「ニーズを育成する」・「顧客を教育する」のような言い回しをすることがあります。これは、有益な情報を与え続けることで、顧客の興味関心を引き出すことを指します。

SEOとは?

SEOという言葉自体を聞いたことがある人は多いでしょう。日本語にすると「検索エンジン最適化」となります。検索エンジンといえばGoogleが有名です。キーワードを打ちこめばその言葉に該当するものや関連するものを表示してくれるとても便利なものです。検索すれば、関連度が高いものから順に表示されますが、この順番もGoogleが決めているわけです。


少し前までは、単純にキーワードが多く使われているサイトであれば、上位表示されていましたがそのシステム(アルゴリズムと言います)は、日々進化しています。常にSEOされているわけですね。どこか別サイトのコピー情報を貼り付けてあるだけのような悪質なものはペナルティを課せられることも少なくありません。


上位表示されるための考え方として、Googleは「ユーザーにとって適切なサイト」であることを重視しています。 WebサイトにおいてSEOと言うときは、正確には「SEO対策」のことを指します。Googleが求めるようなユーザーのためになるサイトにし、検索上位に表示させるためにする行動がSEO対策です。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ