• 2020/07/30
  • 情報
  • 新型コロナウイルス関連

アフターコロナを生き抜くWebデザイナーになるために必要なこと

  • マーキャリ 編集部
article-image

この記事では、現在企業やフリーランスでWebデザイナーとして活動している方に向けて、アフターコロナの時代に求められる存在になるためのヒントについて解説しています。Webを使って仕事を行うWebデザイナーであっても、決して新型コロナウイルスの影響は無視できません。

Webデザイナーの働き方は変わる?

新型コロナウイルスの影響による自粛期間中、Web系企業は他業種と比べてスムーズにテレワークに移行できたところが多いようです。営業職や飲食店とは違い、直接訪問を必要とせずPCに向かっての作業がメインであるため、Webサイトのデザインに携わるWebデザイナーは、働く場所の変化はあっても働き方に大きな変化はないように思われます。


しかし、実務的にはこれまで通りとしても、オンラインで完結型のプロジェクトが増えることで、実は求められるWebデザイナー像は変わってきることが予想されます。


フリーランスであれば、WebデザインだけができるWebデザイナーよりもSEOやネットワーク、サーバーについての知見がある幅広いスキルを持った人材が重宝されるでしょう。その理由は、アフターコロナ・withコロナの状況においては、企業側はなるべく直接対面して商談を行う人数は減らしたいからです。1つのスキルだけでなく、幅広いスキルを持った人間が求められるのは自然の流れと言えます。


また、企業内のWebデザイナーにおいては、これまで以上にスキルが求められます。企業であればチームで活動するためWebデザイン以外のスキルは求められないかもしれません。


しかし、仕事をオンラインでチャットツールなどを使ってコミュニケーションを行うのが主流になれば、それぞれのメンバーを評価するディレクターは、実際の働きぶりは目に見えづらくなるので成果主義になります。そのため企業内のWebデザイナーであっても、スキルの研鑽がより重要になります。また、幅広い知識やスキルを身につけられれば、転職や独立をする際にも有利になるでしょう。

アフターコロナにおいてWebデザイナーに求められるスキルや考え方

今後Webデザイナーとして生き残っていくためには、Webサイトのデザインだけでは不十分な時代が来ると考えられます。さらには、グラフィックデザインなどWebサイトの中でも一分野に特化した役割の場合は、少しでも早くコーディングやプログラミングといったスキルも身につけるべきでしょう。 

スキルの掛け算で差別化を図る

1つのことに特化してその道を突き詰めようと考える人は多いです。しかし特化型で成果を上げるためには、圧倒的なスキルが必要になります。平均より上、といった程度のレベルであればレベルは平均的だけれど広い範囲の仕事を請け負うことができる方が、市場価値は高くなります。このことはフリーランスとして独立を考える場合には特に意識すべきことになります。


意識すべきなのは「スキルの掛け算」です。Aというスキルを持っている人はたくさんいてもAとBのスキル両方を持っている人は少なく、AとBとCのスキルを持っている人はさらに少なくなります。


Webデザイナーであれば、依頼通りのWebサイトを作れるというだけではなく、さらに顧客の満足度を上げられるようにどんなスキルが必要かを常に考えておくとよいでしょう。それはWebとは関係のある分野の知識やスキルだけとは限りません。たとえば金融系のサイトを作りたい顧客に対しては簿記やファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、「話が早い」となりますよね。Webサイト作りのスキル以外にも他分野の知識が、顧客を獲得する上での大きな要素となることもあるのです。  

マーケティングスキルは大きな強みになる

アフターコロナ・withコロナの時代においてWebデザイナーに求められるものが変化をしてきています。自分に付加価値を出すために学びを深める上でおすすめなのは「マーケティングスキル」です。マーケティングとは、「製品やサービスが売れるための仕組み作り」です。企業がWebサイトを作りたいと依頼をするのは、Webサイトが作りたいからではありません。Webサイトを通じて自社をアピールして商品が売れるようにしたいからです。


Webサイトを制作する目的が売上を上げるためであるのなら、Webデザイナーがマーケティングについて学ぶ意義は大いにあると言えるはずです。市場やクライアントがターゲットとする層のニーズを理解した上で、Webサイトを作ることができれば、Webデザイナーとしての市場価値は非常に高いものになるでしょう。マーケティングを学ぶと一口に言っても何をすればよいか分からないでしょうが、どんなところにニーズがあるのかに気づくセンスを磨くためには、自分でWebサイトやブログを始めてみるのがおすすめです。


自分の趣味に関するブログやサイトを立ち上げて、どんな記事が注目されやすいのかを知り、都度改善していけばそれがそのまま実績となります。サイトのPVがしっかりとあるサイトを自分で作ったことがあるという実績は、どの業界や分野のWebサイトにおいても大きなアピールポイントとなるはずです。ときにはWeb広告を打って反応のちがいを知るというのもおすすめです。 

コロナの影響によってWebデザイナーの需要はどうなる?

自粛期間中、月額課金型の動画配信サービスやYoutubeなどへのアクセスが集中したことが記憶に新しいです。アフターコロナ・withコロナの時代においてWebサイトの需要は増々高まるでしょう。営業活動といえば外回りをして足で稼ぐというのが当然でしたが、Webサイトがお客を集めてくれて問い合わせが増えればこれ以上の効率化はありません。企業も自社のWebサイトにはこれまで以上に力を入れる流れになると予想されます。たくさんのWebサイトの中で注目を浴びるためには、Webデザイナーの力量も問われることは間違いありません。

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ