• 2020/05/29
  • 情報
  • 新型コロナウイルス関連

オンライン名刺交換とは?おすすめのサービスもご紹介します

  • マーキャリ 編集部
article-image

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は日常生活はもちろん、ビジネスシーンにも大きな影響を与えており、その中で企業によるリモートワークの導入が大きな変化として挙げられます。また、リモートワークの導入と同時に注目を浴びているのが「オンライン名刺交換」です。今回はそんなオンライン名刺交換とはどういったものなのかということを解説していきます。おすすめのオンライン名刺交換サービスなどもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧いただけますと幸いです。

「オンライン名刺交換」とは

新型コロナウイルスの影響で様々な企業がリモートワークの導入を行っています。また、そのような背景の中で同じように注目を浴びているのがオンライン名刺交換です。そもそもオンライン名刺交換とは一体どういったものなのでしょうか。 オンライン名刺交換を解説する前にオンライン名刺について簡単に解説をしていきます。

そもそもオンライン名刺とは

そもそもオンライン名刺とは、読んで字のごとくオンライン上で管理されている名刺のことを指します。このオンライン名刺ですが、Sansan株式会社が2016年末に提供を開始した「Eight(エイト)」というサービスが始まりとなります。




https://8card.net/


Eightの利用方法は簡単で紙の名刺を撮影するだけとなります。紙の名刺を撮るだけでAIと手入力を組み合わせた最高水準の技術で素早くデータを生成することができます。また、一度Eightで繋がると、登録した相手が転職や昇進などで名刺を変更した場合にはその旨を知らせる通知が届くだけでなく、メールや電話よりも気軽に連絡を取ることができるメッセージ機能も使用することができます。


今回はオンライン名刺の例としてEight(エイト)をご紹介しましたが、どのサービスも従来の紙の名刺をそのまま撮影するだけで簡単にオンライン上で保存や管理ができるというものになります。 以上が簡単になりますがオンライン名刺についてのご説明となります。

オンライン名刺交換について

オンライン名刺というものがどういったものかを簡単にご紹介しましたが、これらを使用して名刺を交換することを「オンライン名刺交換」といいます。ここからはオンライン名刺交換にはどういったメリットがあるのかを解説していきます。オンライン名刺交換のメリットには下記が挙げられます。

紙のようにかさばらない

対人で名刺交換を行う場合のほとんどが紙の名刺を使用したものとなります。紙の場合、相手から貰った名刺を保管するためにファイリングをしますが、数が多いとどうしてもかさばってしまいます。オンライン名刺交換の場合、データ上で交換をすることになりますのでかさばるという心配はありません。

名刺の管理がしやすい

紙の名刺の場合、相手から貰った名刺を保管するためにファイリングを行います。そのように収納をした名刺ですが、もう一度必要になった際には探す手間が発生するのではないでしょうか。オンライン名刺交換の場合、データ上で管理しているだけでなく五十音順や企業などでも分けることが可能なことが多いので管理もしやすいです。


以上がオンライン名刺交換の大きなメリットではないでしょうか。

オンライン名刺交換におすすめのサービス

ここまで、オンライン名刺交換とは一体どういったものなのかを解説してきました。ここからは、実際にオンライン名刺交換におすすめのサービスをいくつかご紹介していきます。

Eight(エイト)プレミアム(Sansan株式会社)

先ほどもご紹介したEight(エイト)は基本的には無料で利用することができます。ただ、もっとオンライン名刺を活用したいという方にはEightプレミアムをおすすめします。Eightプレミアムは月額480円または年額4,800円(年額でご利用の場合は2ヶ月分お得に利用が可能)で利用することができるサービスとなります。


Eightプレミアムの大きな特徴として、本来であれば名刺のおもて面のみ対応していたデータ化がうら面でも使用することが可能となりますので、より多くの情報をデータ化することができます。また、無料版ではデータ化対象が「氏名」「会社名」「電話番号」「メールアドレス」のみとなっておりますが、プレミアムでは「郵便番号」「住所」「部署・役職」「FAX番号」「携帯電話番号」「WebサイトURL」とこれらの情報もデータ化対象となります。


さらにPC版では、あらかじめ登録をした自身のオンライン名刺をもとにQRコードを生成、相手が同サービス内のカメラで読み込むことで簡単に名刺交換ができるというサービスも提供されています。それ以外にもデータ入力が優先的に行われたり、名刺データのダウンロード機能が追加されたりなどがあるので、おすすめのオンライン名刺交換サービスとなっています。

Sansan(Sansan株式会社)



https://jp.sansan.com/


業種・業界問わず中小企業や数万人規模の大手企業にまで幅広く利用されているオンライン名刺管理サービスがSansanです。登録ユーザー同士であらかじめオンライン名刺を作成していれば、名刺送付用のURLを送り合うことで、簡単に名刺交換が可能となるだけでなく、同じ企業内で登録をした名刺であれば、自身が交換したものでなくても同僚や上司などはもちろん部門なども越えて検索して確認することが可能です。


また、名刺交換をした相手の人事異動情報などの最新の情報もすぐに通知がされるため、商談前の情報収集やアプローチのきっかけとなる話題作りなどにも使うことができるのが魅力です。


以上がオンライン名刺交換におすすめのサービスとなります。

まとめ

今回はオンライン名刺交換についてご紹介してきました。最後に記事のおさらいをします。そもそもオンライン名刺とは、読んで字のごとくオンライン上で管理されている名刺のことを指しており、Sansan株式会社が2016年末に提供を開始した「Eight(エイト)」というサービスが始まりとなります。上記のようなオンライン名刺を交換することがオンライン名刺交換となります。


オンライン名刺交換のメリットは様々ありますが、相手から貰った名刺を保管するためにファイリングが不要になったり、データなのでかさばらないということや管理がしやすいという点がメリットとして挙げられます。また、今回ご紹介をしたおすすめの名刺交換サービスは下記となります。


・Eight(エイト)プレミアム(Sansan株式会社)

・Sansan(Sansan株式会社)


今回の記事をオンライン名刺交換サービスを導入の際は、ぜひ参考にしていただけますと幸いです。

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ