• 2019/01/09
  • 情報
  • キャリア×マーケ

マーケターになりたいアナタに送る! マーケターの仕事と目指し方【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

「マーケター」になりたいと思っても、その仕事内容の詳細まで想像できる人はそう多くはいないでしょう。マーケターとは、マーケティングを行う人材のことを指します。商品開発から販売までの工程を、収集し分析したデータを基に製品やサービスを売りやすくするようコンサルティングするのが主な仕事です。


そのサービス方法は、自社商品を売るか、マーケティング会社で他社商品を売るかで多少の違いはあるもの、目指すべき到達点は同じです。いかに、マーケット(市場)に合った商品を見込み顧客(ユーザー)に届けるかは、マーケターの腕の見せ所です。今回は、マーケターになりたい方へ向けて仕事内容と目指し方を解説します。

マーケターって何するひと?

マーケターは、モノ(商品)を売るための過程をスムーズにするために活動をします。具体的には、ニーズがある商品や製品をリサーチし、どのマーケット(市場)にアプローチをかけるか戦略をたてます。主な仕事は、モノを売るための適切な方法を創生することです。

そもそもマーケティングとは

「マーケター」という言葉同様、「マーケティング」という言葉は聞いたことがあっても、具体的に「何をするのか」答えられる人は少ないかもしれません。

日本マーケティング協会による定義は、以下の通りです。

 企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。
引用:https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization



マーケティングは、「モノを売るマーケット(市場)やターゲット(ニーズ)を見極め適切な方法を創生する」ことを指します。これがマーケターの主な仕事となります。

そのため、マーケターは製品開発から携わることが多くあり、市場と製品が見合っているかを分析・調査をして調整役としても貢献します。

マーケターの仕事



マーケターの仕事は会社や団体で少なからず差異があるものの、原則として「モノのニーズから、マーケット(市場)やターゲットを見極めて適切な方法を創生して売る」ことが、主な仕事となります。

そのため、マーケティング職に就いたなら、マーケットのリサーチをしたりSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用したりし、消費者が欲しているモノが何であるかを常に分析・調査します。

具体的には、自社の顧客の売上やニーズを分析し、購入につながる販売戦略を立てます。また、新規で商品を売る場合には、広告戦略も重要なポイントとなり、マーケターの仕事に含まれます。

また、マーケティングだけを行う「マーケティング会社」も存在します。クライアントの商品にたずさわり、開発から販売までのコンサルティングをおこないます。

業務内容は自社・クライアントで大きな差はないものの、マーケティング職に就きたい場合は、広告・コンサルティング・リサーチ会社のマーケティング職もチェックしておくとよいでしょう。

「マーケター」には数種類がある



マーケターは、手法により職種が分かれます。大きい「マーケティング」というカテゴリーの中には、「デジタルマーケティング」や「WEBマーケティング」があるのです。

また、マーケターの仕事をさらに細分化している会社や団体があります。そのため、マーケターの仕事が分類され種類が分かれるケースも。

具体的には以下の通りになります。
1.マーケットのリサーチから商品の開発を行う場合
2.収集した情報からターゲット(見込み客)へのアプロー方法を創る
3.新商品のアドバイザー的な立場で、プロジェクトをまとめるなどもマーケターの仕事として行われています。
4.デジタルマーケティング
5.WEBマーケティング

それでは、具体的に整理していきましょう。
1.マーケットのリサーチがおこなわれ、商品化の段階に進むと、ニーズ合うデザインや機能、パッケージについて精査されます。その際マーケターは、開発部門と連携を取りながら、マーケットに適しているモノの具体的な提案をして価値があり売れる商品を開発します。

2.マーケティングし開発された商品を「どのようにマーケットに出していくか」ユーザーへのアプローチの仕組みを創ります。

マーケターが企業へ製品の営業をすることもあり、販売促進(セールスプロモーション)のため、効果的な広告の出し方や広報活動までも行うケースがあります。
目的はモノを効率よく営業し売るための戦略を立て実践することで、そのために「売れるマーケット」を創生します。

3.会社や団体が新商品を作るとなった場合、マーケターはリサーチした内容を基に商品開発から販売促進活動まで行うケースがあります。

この場合は、細分化された一部の過程を担うのではなく、マーケターの仕事をいわれる全体を業務として行います。

4.デジタルマーケティングは、SNSやスマートフォンのアプリなどを使い、商品の認知を高めていきます。分類すると、WEBマーケティングの一部となります。

5.WEBマーケティングは、インターネット全般の中でマーケティングを行い、販売促進の手段を創造します。そのためWebの専門的な知識が必要になる場面があります。

また、ユーザーを効率的にWeb上の販売サイトなどへ流入させるのも仕事の一つ。

例えば、検索キーワードでポータルサイト(検索サイト)の上位に表記されるようSEO対策(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)を行い、ユーザーの目にふれる機会を多くします。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ