• 2019/12/25
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

インフルエンサーマーケティングとは? インフルエンサーを活用して商品PRをする時代に突入!【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

近年、インフルエンサーという言葉をよく耳にするようになりました。そのまま訳すと「影響力のある人」を意味します。インターネットが発達し、SNSがますます盛んになった現在では、タレントではない一般人であっても影響力を持つ人を活用したインフルエンサーマーケティングという手法も登場しました。

この記事では、インフルエンサーを活用したPR方法であるインフルエンサーマーケティングにスポットをあてて解説しています。「インフルエンサーとはなんなのか」といった基本的な点にもふれていますので、インフルエンサーマーケティングに関する知識がまったくなくても理解できる内容になっています。

広告業界や、企業内のマーケティング部門を目指す方はもちろんインフルエンサーマーケティングを実行したい方にも参考になるはずです。

インフルエンサーとは?



インフルエンサーを活用したマーケティングについて解説する前に、まずは「インフルエンサーとは何か?」について確認をしておきましょう。よく耳にする言葉ではありますが、インフルエンサーマーケティングについて知る上で、前提となる知識ですので確認は必須です。インフルエンサーとは、テレビや雑誌といったマスメディアではなく、主にSNSを通して周りに大きな影響力を持つ人物のことを指します。

好感度の高い芸能人やタレントにとどまらず、各分野の専門家や、有名なブロガーなどもインフルエンサーとして認識されています。近年ではユーチューバーが有名ですね。基本的にはWeb媒体で活躍している人物について指す場合に使うことが多いです。SNSは無料で登録できますし、直接自身が見たい動画の検索などもできますので、情報取得ツールとしても日本以外に海外でも多くの人が利用していますので宣伝媒体としては適しています。

インフルエンサーが使用する主なプラットフォームは、ブログ・Youtube(ユーチューブ)・Instagram(インスタグラム)・Twitter(ツイッター)です。SNSとしてはTwitterも有名で大変人気がありますが、メインの媒体ではなくブログとTwitter、InstagramとTwitterというようにサブ的な使い方をされることが多いです。最近では企業がアカウントを持ち、TwitterやInstagramを行っていることも多いです。

動画ならYouTube、写真ならInstagramといった住み分けもなされています。プラットフォームとなる各人物のそれぞれの媒体には、フォロワーと呼ばれるファンがいます。

インフルエンサーとマーケティングの関係性

マーケティングとは企業が行うPRや市場分析だといったイメージが強いかもしれませんが、実は非常に広い範囲を示す言葉です。TV離れについて話題になることも多い現在、企業は「どうすれば売れるのか」という課題について、新しい施策をとる必要があります。そこで現在注目されているのが「インフルエンサーを活用したマーケティング」です。すでにたくさんの会社において事例や実績があります。

マーケティングは広い範囲の意味を持つ言葉ではありますが、インフルエンサーマーケティングでは、「インフルエンサーに依頼してPRしてもらう」という意味であることがほとんどです。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ