• 2019/04/10
  • キャリア×マーケ
  • キャリア × マーケ

AI時代に営業はなくなる?営業の将来性について徹底考察!【前編】

  • マーキャリ
  • マーキャリ 編集部
article-image

インターネットの普及、機械化・電子化が進む昨今、本はスマホやタブレットで読むことができて、コーヒーはコンビニでボタンを1回押せば飲めて、スーパーのレジもセルフが増えています。少し前までは人が当たり前のように行っていた仕事が、今や人を介さないことが当たり前となっているものが多数存在しています。20年後には国内労働人口の約半数がAIに代わるだろうという見方も指摘される中、営業の仕事はどう変化するのでしょうか。今回は、営業は今後なくなるのか、というテーマでまとめたいと思います。

一昔前と違う営業職の現在

日本では現在、楽天やAmazon、ZOZOTOENに代表されるネットショッピングの利用が、すっかり生活に浸透しています。企業によっては、ネットショッピングサイトを「年中無休の営業マン・販売員」と位置づけ、営業マンを新たに抱えるのではなく、サイトの構築や集客に資本を投じるところが増えている現状があります。

作りこみがしっかりしたサイトでは、課題やニーズ、価格毎に商品カテゴリー分けがされていて、商品の特徴、写真、サイズ、使用感、製造過程、購入者のレビューと、営業ステップを網羅した構成になっており、営業マンに説明を受けたのと同然の状態で購入の意思決定を可能にしています。営業のAI化ではありませんが、営業を不要とする場面が増えている事実ではあります。




▼ 会員限定記事の続きはこちらから

会員になると「 フレームワーク全集」などの資料も無料ダウンロードできる!

マーキャリ 編集部

キャリアアーカイブ情報

関連記事

検索条件
フリーワード

記事カテゴリ