• 2019/03/27
  • 情報
  • キャリア×マーケ

マーケターの年収はどのくらいなのか?将来性はある?

  • マーキャリ 編集部
article-image

新しく仕事をしていく人や、転職をして新しい仕事へ就きたいと考える人は、どんな仕事が自分に合うかを考えていることでしょう。その中でマーケターの仕事に興味を持ち、自分の仕事にしていきたいと考える人もいるはずです。

しかしマーケターは実際、年収どれくらいの金額をもらえるものなのでしょうか?そこで今回は、マーケターとして働いた場合の年収を紹介しつつ、マーケターの現状や将来性について説明していきます。これからマーケターの仕事を視野に入れている人は、ぜひ参考にしてみてください。

マーケターの年収はどのくらい?



マーケターは企業や役職、仕事内容によって大きく金額も変化していきます。大企業に勤めた場合や中小企業に勤めた場合、ベンチャー企業に勤めた場合など金額は異なります。

なので、ここではマーケターの平均年収について説明していきます。企業や役職、仕事内容によっては平均金額より高い場合もありますし、低い場合もあります。あくまでどれくらいの年収か、という基準値で判断してみてください。

平均年収は約500万円超え

マーケターの平均年収は、約500万円を越えています。一般のサラリーマンの年収が約400万円程度なのに比べ、高い水準をキープしています。ボーナスを含め給料に換算すると、月々が約42.7万円です。(※転職サイトdodaより一部抜粋)

また企業によっては年収が大きく異なる場合もありますし、個々の持ち合わせているスキルによって年収が変化していきます。少しでも年収を高くしたいと考える人は事前にスキルを持って会社に入ったり、より年収が高い企業へ転職したりするなどの取り組みも行っているでしょう。

役職別で年収は異なる

企業やスキルによって年収が変わると説明しましたが、企業で就いている役職によっても年収が大きく変化していきます。年齢によって年収が変化する企業もある中、マーケターは専門的知識が求められるので、どれだけ知識や実績があるかが重要です。以下に詳細の年収データをまとめます。

役職 平均年収
新卒~3年目くらいの社員 平均約300万円~400万円
3年目~5年目くらいの社員 平均約400万円~600万円
マネージャー 平均年収が約600万円~1,000万円
(※転職サイトdodaより一部抜粋)

マーケターを目指して新卒~3年目くらいの社員は、平均約300万円~400万円の年収で、一般サラリーマンと大して差がないことが分かります。次に3年目~5年目くらいの社員の場合も、平均約400万円~600万円とさほど一般サラリーマンの年収と差がありません。

ただしマネージャーの役職に就いた瞬間に、平均年収が約600万円~1,000万円へと変わっていきます。それだけマーケターという仕事は、役職に就くかどうかが重要ということが明確になっているでしょう。

年収が上がらない人



マーケターに限らずですが、あらゆる職種において年収が上がらない人には、同じような特徴があることをご存知でしょうか。自分ではスキルがあると感じていても、これらの特徴を理解していないと年収はいつまでたっても上がりません。

そこでここでは、年収が上がらない人の特徴と年収アップにつなげる方法の説明をしていきます。普段から年収が上がらず悩んでいる人は、自分が当てはまっていないかなどの判断材料としてぜひ見てみてください。

なぜ年収が上がらないのか?

そもそもなぜ年収が上がらないのでしょうか?マーケターの中には同じ年齢にも関わらず、年収が1,000万円を超えている人もいれば超えていない人もいます。まったく同時期に入ったのに、雲泥の差がついてしまうこともあるのが現実です。

しかし決定的な違いがありながらも、ほとんどの人は気づいていません。

年収が上がらない人の特徴として
・スキルを上げれば給料が上がると思っている
・会社が求める存在になろうとしていない
・アピールができていない
・目標がない
・コミュニケーション能力がない
・今の状態に満足している
・評価されない

などがあげられます。

スキルを上げただけでは、企業によっては求められていないスキルかもしれませんし、業務内容によっては意味のないスキルかもしれません。会社が求める存在になっていき、それに対するアピールをしていかなくては意味がないといえます。

また目標を持っておかないと、自分のやりたいことが明確化できず仕事に対する向き合い方も変わってしまいます。さらに今の状態で満足していたら、いつまでたっても評価を受けることがないので、年収を上げることはできないでしょう。

年収アップをするためには!

根本的な年収アップの方法として「役職をあげる」方法があります。ただ役職をあげるといっても、スキルだけを身につけていては意味がありません。周りを引っ張る能力や、会社のための働きかけや、仲間とのコミュニケーション能力などの評価が集まって、初めて役職はついてくるのです。

しかし中には、自社で年収を上げるのが難しいと考える人もいるでしょう。その場合外資系企業に転職するか、デジタルマーケティング領域に転職していくとよいでしょう。どちらも転職することでスキル次第では、今の年収より上がる可能性は十分にあります。ただ仕事をしていく上で重要なのは、年収にこだわりすぎないことが大切、ということは覚えておきましょう。

マーケターに将来性はある?

年収が一般的な水準より高いマーケターですが、マーケターに将来性はあるのでしょうか。せっかくマーケターになったとしても、将来性が見込めなくては意味がありません。時代はどんどん移り変わっていくものなので、自分の専門となる職は慎重に選びたいと考える人が多いでしょう。

そこでここでは、マーケターの将来性について説明していきます。将来的にマーケターになろうと考えている人は、1つの判断材料として見てみてください。

将来性は大いにある

IT技術の進化により、Webに特化した情報分析が必要となってきています。分析結果をもとに顧客の傾向を探り商品開発などに反映させるデジタルマーケティングがこれからの時代に必要です。そのためデジタルマーケティングに長けた人材の需要が高まってきています。

多様な場所で連携することもできるので、企業の基盤を作り上げることも可能になってきます。スキルがあれば高く評価され、高い年収を手にしやすくなる傾向にあるといえます。多様な能力を持っていれば、年収が上がるだけではなく役職に就くこともでき、将来的にはマーケティングに強いCEOやCMOも目指せることでしょう。

マーケティングを学ぶには

デジタルマーケティングを学ぼうと思っていても、体系的に学べる場が少ないのも現状です。ただ講座を受けたり、通信スクールや本などで学ぶことは可能です。勉強方法は人それぞれ違うので、自分に合った勉強法を見つけていくことが重要になってくるでしょう。

マーケティングにおいて学ぶことはたくさん存在します。今持っている自分のスキルを見極めていき、何を勉強していくかを明確化してからスキルアップに励んでいきましょう。

まとめ

マーケターの年収は、一般的なサラリーマンよりかは高水準で将来的にも需要がある職業といえます。もしマーケティングを専門に仕事をしていきたいと考えている人や、年収を上げたいと考えている人がいるならば、マーケターという道を目指すのも悪くありません。

年収を上げることだけに注力するのはあまりよくないですが、環境によっては年収を上げたいという人も多いことでしょう。今は勉強する環境も整いつつあるので、自分にあった最適な勉強をしていき、年収アップが見込めるマーケターを目指してみるのもひとつの方法ですね。

「マーキャリNEXT CAREER」次世代マーケティング・セールス関連職を募集中!

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ