• 2019/06/27
  • 情報
  • キャリア×マーケ

アカウントプランナーとアカウントエグゼクティブの違いとは!?【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image
求人情報を見ていたり、広告代理店の人と名刺交換をすると、「アカウントプランナー」や「アカウントエグゼクティブ」という職種をよく見かけるようになりました。カッコ良い響きですが、どのようなポジションなのか正直よくわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、アカウントプランナーとアカウントエグゼクティブの違いについてご紹介します。

アカウントプランナーとアカウントエグゼクティブの役割の違い

アカウントプランナーの役割・業務内容

アカウントプランナーの仕事内容は、広告主の広告をどのような見せ方で掲載すればより効果が上げられるかをデザイン・提案するもので、「企画営業」のような存在です。ターゲティングや広告をした後の成果分析や顧客へのアフターフォローもアカウントプランナーの役割となります。

アカウントエグゼクティブの役割・業務内容

「エグゼクティブ」と聞くと響き的に上位レイヤーを想像するかもしれませんが、そういうわけではありません。アカウントエグゼクティブ=法人営業担当です。広告主の課題ややりたいことのヒアリング、提案、コスト管理、社内の部署との連携やスケジュール管理といった業務内容。
担当する案件の大きさによっては、社内の多くのクリエイターと共に業務をこなしていくこともあり、チームの統括役、プロデューサーと呼べる立ち位置での役割もあります。

もう少し違いに触れると、アカウントエグゼクティブは広告主(取引先)と社内の他部署との調整が主なので、その先にいるエンドユーザーとの関わりはほぼありません。一方、アカウントプランナーは広告主だけでなく市場や顧客のニーズを基に仕事を進めるので、マーケティング色が強いことが挙げられます。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




関連記事

アカウントプランナーってどういう仕事?アカウントプランナーになるためには
アカウントプランナーに資格は必要?求められるスキルや志望動機を徹底解説!

マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ