• 2019/06/04
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

企画職に向いている人・向いていない人って?企画職への適性をチェックしてみよう!【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

就職や転職で企画職に就きたいと考えている人は多いのではないでしょうか。華やかに見える仕事ではありますが、その分大変なことも多い職種です。この記事では企画職に向いている人の特徴について述べていきます。仕事にはどうしても向き不向きがある場合もありますので、企画職として長く働いていこうとしているのならぜひ参考にしてくださいね。

企画職とひとことに言っても多くの職種がある



企画職と呼ばれる職種は、実は非常に細かく分かれています。代表的な「商品企画」と「営業企画」のほかにも「販促企画」「広告宣伝」「マーケティング」「広報・PR」「事業企画」「経営企画」などがあります。ひとりが複数の役割を担当することも多いです。

「計画を立てて物事を提案していく」という共通の部分もありますが、異なる部分も多いですので、就職活動時に「企画職」で募集がかかっている場合には詳しく内容を確認した方がよいでしょう。

商品企画と営業企画

企画職の代表的な商品企画と営業企画の2つについて説明しますので、企画職についてのイメージをある程度つかんだ上で適性のチェックに進んでください。
商品企画や営業企画のように「〇〇企画」となっているものは、〇〇について企画するのが業務です。商品企画であれば新商品や既存の商品についての改善案を企画する。営業企画であれば営業をして売上が上がるようにパンフレットやチラシなどの案を企画するといった具合です。
今回の適性チェックでは、企画職に必要なアイデア出しに必要な適正について確認できるようになっています。すでに企画職に就いている人でも企画力・アイデア力アップのために参考になる情報となっています。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)




マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ