• 2019/10/01
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

広報に必要なスキルとは? 〜仕事内容から考えてみよう〜【後編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

この記事は「広報に必要なスキルとは? 〜仕事内容から考えてみよう〜」の後編になります。
前編をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。

広報に必要な3つのスキル



単純に費用さえ払えば宣伝できる広告とちがい、広報はいかにメディアに取り上げてもらえるかというのが重要になります。よほど大きな企業であればメディアは、常にニュースリリースに注目しているかもしれませんが、基本的に「ニュースリリース」について一般の人は注目していませんよね。テレビやネットなどで取り上げられて初めて知る人も多いはずです。
ここからは、広報として活躍していくために必要となるスキルについて紹介していきます。

(1)文章作成スキル・PCスキル

まず、基本的なPCスキルは必要となります。ニュースリリースを作成し、実際にHPに載せるためには自分の上司や、場合によっては経営陣などのチェックも入りますが文章を作成するのは広報の仕事です。社外に向けて情報を発信する以上は、「分かりやすく伝える」のは必須です。読み手のことを考えた文章作成スキルは必要になります。

また、ニュースリリースは文章だけでなく、写真や図などを盛り込むものもあります。企業によっては、広報が作成したデータを回覧して赤字修正されるというところや、プレゼンのような形式で経営陣や担当者に発表をするなど、HP上に記載されるまでのステップも様々です。文章作成スキル・PCスキルに加え、プレゼンスキルも重要となるでしょう。

(2)コミュニケーション能力

社外広報であれば、当然社外での活動も多くなります。メーカーであれば工場見学の案内も広報が担当することが多いです。そのため広報は、対メディアだけでなく一般消費者に対しても企業の顔となることになります。コミュニケーション能力は必須であると言えるでしょう。また、質問に対してその場で答えることも必要になるので、自社のサービスについては広く理解しておかなければなりません。情報発信という役割だけで考えると、入社後にイメージと違うということになりかねませんので注意してくださいね。

(3)戦略・計画を立てて働きかけられる

広報の仕事は情報発信ですが、情報発信が出来ていればそれでよいというわけではありません。情報を発信する目的は投資家や一般社会へのアピールということを考えると、「伝わらなければ意味がない」ということになります。

そのため、情報を取り上げてもらうためにどの媒体に働きかけるのか、どうすれば取材をしてもらえるかということについても戦略を立てて行う必要があります。PRのテーマや切り口をどのようにすればメディアの注目が集められるかといったことについても豊富な知識が求められます。

広報のスキルについてまとめ

どんな情報であっても、実際に発信に至るまでは数多くのステップを経る必要があります。一見華やかに見える職種ではありますが、その分常にメディアや他社の動向には注目しておくといった「見えない努力」も非常に求められます。これから広報として活躍したり、転職・就職したりすることを目指すのなら、しっかりと仕事内容をつかみ、どんなスキルを身につければ役に立つだろうかということを自分でも考えてみることをおすすめします。




広報の関連記事

広報とマーケティングの違いとは?知っておきたい仕事内容を徹底解説!
広報担当になったら参加してみたい!勉強会リスト

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ