• 2020/11/12
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

口コミでどんどん広めるバイラルマーケティングを徹底解説!

  • マーキャリ 編集部
article-image
目次

この記事ではインターネットを使ったプロモーション手法の1つ「バイラルマーケティング」について詳しく解説しています。口コミを狙うバズマーケティングとの違いも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

バイラルマーケティングとは

バイラルマーケティング(Viral marketing)のバイラルとは日本語の「ウイルス」のこと。バイラルマーケティングは成功するとウイルスのように短期間で爆発的に広まるのが大きな特徴です。マーケティング手法としては、商品やサービスを利用したユーザーが友人や同僚に紹介することを狙うものになっています。  

バズマーケティングとの違い

マーケティング手法としては「バズる」ことを狙ったバスマーケティングやインフルエンサーを広告塔として活用するインフルエンサーマーケティングの方が有名でしょう。バズマーケティングの「バズ(buzz)」は、多くの人が話題にする・噂するという意味を持っています。そこから派生して、物事や単語がネット上で大きく話題になることを「バズる」と言うようになりました。


インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどのSNSには、投稿を他者にシェアできます。そのためバズる効果を使えば自社の商品やサービスの口コミを爆発的に広げられ、低コストで効率よく顧客の獲得や商品の販売につなげることができます。マーケティングとは、商品の販売に至るまでの戦略全般のことですので、バズマーケティングと言う場合は、大まかに「バズることを狙ったPR戦略」のことを指します。悪いことが大きく話題になることを「炎上」と言いますが、「バズる」は基本的にポジティブな意味で用いられます。炎上の逆が「バズ」だと言えます。


バズマーケティングもバイラルマーケティングも口コミを活用したマーケティング手法ですが、バズマーケティングが意図的に注目を集めて話題にさせようとするやり方なのに対し、バイラルマーケティングは商品やサービスを利用した際に誰かに紹介したくなる気持ちを利用し、自然に情報が広まることを狙っているという違いがあります。バイラルマーケティングは口コミが広まる「仕掛けづくり」という側面が大きいです。

バイラルマーケティングは具体的にどんなもの?

バズを狙うバズマーケティングに比べて、バイラルマーケティングはどういったものかイメージしにくいかもしれません。 バイラルマーケティングは「良い情報を知った場合に、周りの人や親しい人に教えてあげたい」という人間の心理を利用することを基本にしています。つまり良い情報を発信力の強い人に伝えれば、その人を中心にしてどんどんと情報が拡散されていくことを狙うものになっています。企業側が情報を拡散するように誘導せずとも、発信力が高い人から波及的にどんどんと拡散されていきます。


一般的なTVCMや電車の中吊り広告などはターゲットを絞らずに不特定多数に対して発信を行うものです。一度にたくさんの人に情報が届けられるので、認知度を上げるという意味では非常に有効ですが、広告を見る側に合わせた柔軟なアプローチはできないので、大きなコストのわりに費用対効果はよくないことがあります。


バイラルマーケティングの場合は、不特定多数に対して行うものではなく、発信力を持つ特定の顧客や見込み客に対して直接アプローチを仕掛けます。そのため相手に刺さるアプローチがしやすくなり費用対効果が高くなります。テレビのように広い範囲で情報を届けることはできませんが、本当に情報を必要としている人に届きやすいというメリットがあります。


バイラルマーケティングは口コミを狙うものです。口コミの発信者は「知らない誰か」よりも「知っている人」である方が受けては信憑性が高く感じるものです。知らない誰かからの情報だと「怪しいんじゃないか」、PRであることを隠して、あたかも本人がおすすめしているように見せる「ステマ(ステルスマーケティング)なんじゃないか」といった気持ちになりますが、知っている人からの情報であれば、たとえ実際に会ったことがないSNS上の友達であっても確かな情報だと感じやすくなります。

バイラルマーケティングを行う上での注意点

口コミを狙うバイラルマーケティングは、費用対効果の良さに特徴があります。しかし、口コミやレビューに頼っているため広告を出す量や宣伝を増やせばその分、口コミも比例するわけではありません。人が誰かに情報を教えるかどうかは、あくまでその人にかかっています。広告効果の予想やコントロールがしづらいのはバイラルマーケティングの注意点だと言えるでしょう。


バイラルマーケティングを行っているサイトでは、商品紹介のページで「友達にメールですすめる」などというアクションなどができるようになっています。しかし、それが思うように効果が得られないからといって紹介した人にポイントなどを付与するのは安直だと言えます。というのも、友人紹介のキャンペーンで、「相手が登録したらポイントがもらえる」といったものにあまり好印象を抱いていない人も一定数いるからです。特に日本ではその傾向が多いとされています。


バイラルマーケティングの本質は、「良いものを周りに広めたいという気持ち」にあります。いかに口コミを広めるかといった手法にこだわるのではなく、最も重要なのは商品そのものを良いものにすることであることは忘れないようにしてください。     

「マーキャリNEXT CAREER」次世代マーケティング・セールス関連職を募集中!

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ