• 2020/05/20
  • 連載企画
  • キャリアチェンジ体験記

学べる人は何処へでも行ける。警備員からセラピストに転身した話【キャリアチェンジ体験記】

  • マーキャリ会員  
article-image

【キャリアチェンジ体験記とは】
働き方改革が施行されたことにより、会社の体制や制度が変わったなんて人も多いと思います。企業も個人も今まで以上にビジネスマンのキャリア展望に目が向けられている中、マーキャリ会員によるキャリアチェンジに伴った体験談をシリーズものとして連載していくのが本企画です。

今まさに自身の今後のビジネスライフに向けて働き方を変える動きをしている方もまだキャリアプランが漠然としている方も参考になる内容になっておりますので是非ご覧ください。

今回の記事投稿者:瀬良柚希さん
⇒瀬良柚希さんのバイオグラフィはこちらをクリック

こんにちは、施設警備員からリラクゼーションセラピストに転身した瀬良(せら)です。

皆さんは、今後挑戦してみたい職業はありますか?

同じ職種でステップアップしたい人もいれば、全く違う職種に挑戦したい人もいることと思います。
転職には不安が付き物です。特に異なる職種へのキャリアチャレンジとなると、周囲からの反対もあるかもしれません。

ですがキャリアアップの手段として、異業種への転職はとても効果的です。
異業種での経験がある人は、他の人には無い視点やスキルがあるため、よりオリジナリティのある人材になれるからです。

私の経験を通して、転職を考える皆さんの背中を押すことが出来れば幸いです。

キャリアチェンジの流れ

私のキャリアチェンジまでの流れは、以下のようになります。

①求人サイトで「業務委託」と検索したところ、偶然セラピストの求人を見つけ応募
②約1か月、施術や接客を覚えるための研修を受ける
③希望する店舗にてデビュー
④副業の段階を経て本業を退職

私の場合、最初からセラピストの仕事を狙っていたわけではなく、また本業の施設警備員を辞めるつもりもありませんでした。
というのも、当時は引っ越しに備え金銭的に余裕が欲しかったため、本業のほかに副収入が出来れば良い程度に考えていたのです。

正社員として働きながら副業するためには、雇用契約によらない業務委託のほうが好都合だと思い、求人サイトで「業務委託」とだけ打って調べたところ、偶然目についたのがセラピストの仕事だったのです。

今まで全く触れてこなかった職種への転職は初めてではありませんでした。
ですが私の中でセラピストは、専門の資格や経歴のある人がする仕事というイメージがあったため、私のような無資格・未経験の人でもセラピストになれるということに驚きました。

求人情報を見た私は好奇心を強烈にくすぐられ、すぐに応募しました。

何故キャリアチェンジしようと思ったのか

偶然の巡り合わせで始めたセラピストという仕事。
最初はあくまでも副業のつもりで始めたのですが、結局本業はすっぱり辞め、セラピストをメインにしています。

本業の施設警備員を辞めた理由はいくつかありますが、特に大きかったのは以下の二つです。

①体がきつい
楽なイメージを持たれがちな施設警備員ですが、意外にも体力を使う仕事です。

力仕事ではないものの、仮眠が短過ぎたり早すぎたりするため、慢性的な睡眠不足に陥りやすいのです。
自分なら平気だろうと軽く見ていましたが、睡眠のリズムが崩れることによるダメージは思いのほか大きく、心身ともにボロボロになっていきました。

イライラしやすくなり、食生活は乱れ、常に少し眠い状態が続くようになってしまい、いよいよ何とかしないとまずいと痛感しました。

職場の先輩から、睡眠不足が祟って急死した同僚の話なども聞かされていたため、ずっと警備員を続けていくことには不安を感じていました。

②セラピストの方が面白くなってきた
そもそも私は、楽そうだからという理由だけで施設警備員の仕事を選びました。
警備員に限らず、私はこれまでずっと楽そうであることを第一に転職先を選んできました。

このような選び方が完全な間違いとは言い切れませんが、楽さだけで選んだ仕事はそうそう続かないものです。

一方セラピストは、体力勝負でもあるし、客商売ゆえに色々と神経も使うにも拘わらず、心身を病むことなく続けられています。
その理由はひとえに、本心から仕事を楽しんでいるからだと確信しています。

最初こそ緊張して気疲れしていたものの、慣れてくるとお客さんと談笑しながら施術できるようになり、お客さんの笑顔や感謝の言葉を頂く機会も増えました、仲間とも親しくなり、店への愛着も湧いてきました。

好奇心でセラピストになった経験は、仕事は自分にとってより楽しいものを選ぶべきだという教訓をくれました。

キャリアチェンジして大変だったこと

全く違う職種に挑戦することになるので、当然色々なことを一から学ばなければなりません。

もともと

こちらは会員限定記事です。

残り:1637文字/全文:3196文字



▼ 会員限定記事の続きはこちらから

会員になると「フレームワーク全集」などの資料も無料ダウンロードできる!

マーキャリ会員  

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ