バイオグラフィー

最終更新日:2020年05月26日

  • 在籍企業非公開

山本典二(ヤマモトノリジ)

年齢
42歳
在籍中の企業
社名非公開
役職
経験職種区分
生産技術、管理

ビジネスキャリア概要

短期大学校で生産技術学び、現在のメーカーの製造部門にオペーレーターとして入社。10年間製造現場での作業を経て、開発部門に異動。 開発部門でオペレーター業務をおこないながら、現場で発生する様々な問題点に対する改善を行う。

キャリア

1998年12月 ~ 現在
職務実績

開発部門内での製造オペレーター

学歴

学校種別
その他
学校名
滋賀職業能力開発短期大学校
学部
生産技術
学科
専攻
卒業年月
1998年04月

アチーブメント

1999年04月 - 2001年01月
本業として 個人成果 組織貢献

機械、設備設計の習得

最初は作業現場で使う小さな器具の作製から始まり、現場に設置する中型のシューターや、生産品の収率向上に寄与するコストダウン製品まで様々なものを設計する。

2009年08月 - 2013年08月
本業として 組織成果 改善活動

現場オペレーターのグループ活動

2つの部門をまたいで開発現場でのオペレーターのみでチームを結成。 オペレーター同士の横のつながりを強化するとともに、それぞれが持つ強みを水平展開し、オペレーターのレベル向上を図った。 現場改善はもちろんのこと、現場で使用される危険物や特化物と言った専門知識を、わかりやすく解説するプレゼンの開催。 現在必要としている治工具のアイデアを発表し、設計が得意な者が設計を担当したり互助的な活動も行う。

2009年01月 - 2016年01月
本業として 組織成果 改善活動

個人で行うPDCAとトレースシステムの構築

開発記録から購買品に至るまで、あらゆる情報を電子ファイルで検索可能なシステムの構築。

2014年05月 - 2020年05月
本業として 個人成果 組織貢献

個人スキルの向上

設計ツール「AutoCAD」を習得し、設計~実現までの精度の向上。 設計、システム構築に加えて、第3の武器となる「電子回路を使った試作品の設計」を開始。あくまでラボスケールの単純テスト用の回路を構築を習得。 それに加えて「Fusion360」による3Dモデリング+3Dプリンターによる、自作の改善治工具+試作品テスト機の作製が可能となる。 これらは全て小学生の息子とともに行い、小学生が習得できる知識、技術が先端技術の開発現場でも戦力として活用できることを知る。

資格・免許

取得時期 資格名 詳細
2015年7月 ~ 2015年10月 第一種衛生管理者

労働者の健康障害や労働災害を防止するために、労働安全衛生法で定められた国家資格。

2014年7月 ~ 2014年9月 乙種第四類危険物取扱者

指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督を行うための資格。

2011年8月 ~ 2011年8月 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者

労働安全衛生法に定められた作業主任者(国家資格)のひとつ。

1996年6月 ~ 2002年6月 その他の現場系資格

粉塵作業、有機溶剤作業、ガス溶接、アーク溶接、フォークリフト1トン以上、玉掛技能、天井クレーン、産業用ロボットの教示、職長教育、丙種危険物取扱者

1990年1月 ~ 2004年4月 趣味の資格

空手初段、ジェネラルトリートメント(指圧師)、中型自動二輪、普通自動車

出版実績

表彰実績

表彰名 表彰年月 プロジェクト概要