• 2019/06/13
  • ノウハウ
  • スキル×マーケ

人事必見! 採用に必要なスキルとは?【前編】

  • マーキャリ 編集部
article-image

企業の採用担当者は会社の顔であり、自社に最適な人材を採用することができれば会社の業績にも貢献できるなど、非常に重要な仕事です。求人原稿の作成から、新卒・中途採用の面接まで幅広い業務に携わります。この記事を読むことで、企業の採用担当者にとって重要なスキルを理解することでき、習得に向けて動くことができます。採用担当者として日々のスキルアップに悩んでいる方、採用担当者からステップアップしたい方は、是非、最後までお付き合いください。

採用担当者に必要なスキルとは?



採用担当者には、自社にマッチした人材を採用するスキルが必要です。いくら能力のある人材であっても、自社にマッチしなければ、能力を発揮することが難しいからです。そのため、面接を通して能力面だけではなく人柄を見ていかなければなりません。新卒を採用する場合も、職歴がない分、特にその必要性があるでしょう。

採用スキルとして求人原稿の作成能力が必要

人事には面接の前段階として、求人原稿の作成能力が必要です。
というのも昨今では求人難に陥っている企業も非常に多いため、いかに魅力的な求人原稿を作成して、より多くの転職希望者や新卒の学生を集められるかが重要となってきます。

いつまでも採用担当者をしていてもいけない

採用担当者は人事経験が1年程度の若手が担当することが多く、大企業になればなるほど、業務上で重視されてはいない傾向にあります。
採用も大切な仕事ではありますが、事務職として給与計算や社会保険処理などの仕事も並行して行い、いずれは人事制度企画などもできるようになったほうが市場価値も上がりますし、会社内で頼りになる存在となります。

(続きのページは以下をクリックしてご覧ください)





マーキャリ 編集部

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ