• 2020/10/05
  • 情報
  • デジタルトランスフォーメーション

HISが接客DX(デジタルトランスフォーメーション)を導入(2020/10/5)〜BtoCでもオンライン営業は広がるか?〜

  • マーキャリ 編集部
article-image

株式会社エイチ・アイ・エスは株式会社Zealsの接客DX(デジタルトランスフォーメーション)を旅行予約サイトのスマートフォン版に導入することを2020年10月5日に発表しました。(参考:接客DX(デジタルトランスフォーメーション)導入 チャットとビデオ接客で新たなデジタル空間を提供

株式会社Zealsが提供している接客DXは、LINEなどのチャットサービスをEC領域に活用するチャットコマース(対話型コマース)とリアルでの接客を融合したサービスとのことです。
接客DXの流れ
従来AIによって接客されていた部分も人が対応することで、より深いコミュニケーションを実現するものです。

具体的なサービスについては下記のとおりです。
①チャットボットによるヒアリングファーストの接客
24時間いつでも気軽に質問できるよう、自由入力だけでなく選択肢による回答も活用。お客様の潜在ニーズやインサイト引き出すことが出来ます。

②深い相談解決・不安払拭を担う有人チャット
きめ細やかな対応をするためAIによる回答だけでなく、人による回答で、より深いパーソナライズされた、お客様固有のお悩みを解決いたします。

③効率的なコミュニケーションをとるビデオ接客

① ②を経て、より深いご相談にビデオ接客にてご対応させていただきます。

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000743.000005110.html

コロナによって、実店舗に対する評価はさまざまになる中、オンライン上での接客は、顧客にとってもスタッフにとっても感染防止となるので選択肢の一つとして非常に有難いものだと言えます。また、オンラインでの接客に慣れていたり創意工夫した経験があれば、営業職に転職する際もアピールポイントになるでしょう。

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ