• 2020/08/25
  • 情報
  • デジタルトランスフォーメーション

「DX銘柄2020」「DX注目企業2020」を経済産業省が選定(2020/8/25)〜グランプリになったトラスコ中山株式会社とは〜

  • マーキャリ 編集部
article-image

経済産業省は「DX銘柄2020」の選定企業35社と「DX注目企業2020」21社を2020年8月25日に発表しました。(参考: 「DX銘柄2020」「DX注目企業2020」を選定しました

DX銘柄とは経済産業省と東京証券取引所とが共同で2015年から選定しているもので、これらの企業は、ITやデータを活用して業務プロセスや組織、企業文化、そしてビジネスモデルを変革し競争優位性を高めている先進的な企業が選定されています。

今回、「デジタルトランスフォーメーション調査2020」の回答内容から、6つの項目と財務指標についてスコアリングされた後、評価委員会による最終選考を経て、最終的に35社が選定されたそうです。
6つの項目と選定基準は次のものです。

Ⅰ.ビジョン・ビジネスモデル
Ⅱ.戦略
Ⅱ-①.組織・制度等
Ⅱ-②.デジタル技術の活用・情報システム
Ⅲ.成果と重要な成果指標の共有
Ⅳ.ガバナンス

選定基準
1.アンケート調査回答・ROEのスコアが一定基準以上であること
2.評価委員会による取組評価が一定基準以上であること
3.重大な法令違反等がないこと

出典:https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200825001/20200825001.html

「DX銘柄2020」「DX注目企業2020」に選定された会社は次のようになっています。

DX銘柄2020一覧


出典:https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200825001/20200825001.html

DX注目企業2020一覧


出典:https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200825001/20200825001.html

グランプリに選ばれた「トラスコ中山株式会社」の取り組みとは

銘柄選定企業の中から”デジタル時代を先導する企業”として、グランプリに選ばれたトラスコ中山株式会社。 機械工具の卸売商社として1959年に創業し、「がんばれ!!日本のモノづくり」という理念を掲げ、日本のモノづくりに貢献することを事業目的としています。 同社がどのような取り組みをしてきたか気になるところですが、大きく3つあります。「システム刷新」「新規ビジネス創出」「最先端の物流倉庫」です。

トラスコ中山株式会社では、2020年1月に基幹システムを刷新したことで、サプライチェーンの中流に位置する同社が持っている機能(在庫・物流・システム・データ)をプラットフォームとして、取引先が利用できる環境を整備しました。また新規ビジネスとしてプロツール(工場用副資材)の調達サービスにITとデータ分析を組み込んだり、物流倉庫も在庫管理や入出庫のシステムでデジタルやデータ分析が活用されています。(参考: 「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)2020」「DXグランプリ2020」選定

グランプリを受賞しただけあって、自社の業務フローやサービスだけでなく、取引先企業へも影響を与える活動は、非常に先進的なものだと言えます。今後もマーキャリMEDIAではDXのトレンドや事例を紹介していきますので、ぜひ、ご覧いただければ幸いです。

マーケタースキル診断公開中!!

関連記事

検索条件を変更する

フリーワード

記事カテゴリ
タグ